2014年09月30日

香港→中国リスク!

香港のデモにより、発券銀行を含めた多くの銀行が休業に追い込まれています!
香港ハンセン指数は1.9%安で、最近で最大の下落率を記録し、ボラティリティは拡大とのこと
日足MACDのダイバージェンス後、下落が止まりません

上海総合指数も日足MACDのダイバージェンスを観察でき、元々ある中国リスクを踏まえて、注視していきます☆
NZDの下落よりも根が深い問題だけに注意が必要です!

現在の最低ボラティリティを勘案すると、デルタニュートラル・ポジティブガンマ目線で、リスクオフの動きに備えます
posted by 鮑 虎二 at 10:37| Comment(0) | リスク波及への源泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。